CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
広島西飛行場 廃港が決定!

 大災害! <東北地方太平洋沖地震>

11日午後2時46分に三陸沖を震源として発生した東北地方太平洋沖地震。被災者の皆様には「頑張って下さい!今は頑張って生き延びて下さい。」としか言えない気持ちでいっぱいです。自分の語彙の少なさが情けなく思う程、TVで報道を見る度に心が痛みます。心よりお見舞いを申し上げます。

そしてここ広島でも津波の心配がありました。結局50cm程度の津波があったようですが、幸いにも直接の被害はなかったようです。それでも心配して飛行場へ出かけてみると・・・・



消防隊が何やら準備をしています。「なにごと??」と尋ねてみると「地震の被災者の方々を受け入れる病院が国内に足りなくなっている。ここ広島西飛行場は市街地に近く受け入れ可能な病院も近くに数多くある。万一の場合ここにも輸送されてくる可能性があるのでその受け入れ準備をしてる。」との事。

わかりました!私らにも何かお手伝い出来る事があれば言って下さい!とても他人事ではありません。人として「とにかく今は頑張って生きて下さい!」としか言いようがありません。



ここ広島西飛行場は世界遺産『原爆ドーム』や『安芸の宮島 厳島神社』も近く、また市内繁華街までもすぐ。観光・出張に便利なのはもちろんですが、港やJR駅も近く、更に病院・県庁・市役所も近く、交通の利便もよく・・・そんな恵まれた・・・

  『防災拠点・災害救助拠点』

として大変重要な位置づけとされてきました。 この飛行場であれば大型ヘリコプターはもちろん、航空自衛隊の輸送機までもが着陸できるという、珍しいくらい便利な空港なんです。だから多くの人材や機材を1度に多量に輸送する事が可能だったんです。

この4月からは「広島シティー空港」と名を変えて心機一転、地方空港としてスタートする予定だったはずでした。・・・ところが・・・

先日いきなり「廃港」が

決定してしまいました。

(涙)

 
(地元紙:中国新聞様から記事を抜粋させて頂きました。)

確かに私達は趣味として空を愛しています。でもそれだけに空港が持つ重要性も認識してきたつもりです。それがまさに寝耳に水の素早さで議会でアッサリと否決されてしまったようです。しかももう決定事項なんだそうです。 まさに一瞬の出来事・・・市民が知らぬ間に・・・って印象が強い早業での出来事でした。一体何があったのでしょか?? もはや憤りすら感じてます。

今後この瀬戸内地区で万一災害が発生した際には一体どうする気なのか?疑問に思います。
「そんな100年に1度の事なんか考えてられないよ。」って事なんでしょうか?もちろん私達のクラブも今後どうなるのか? 小さな事ですがここも全く先は見えていません。
子供の頃に家族で来た飛行場で初めて目にした”飛行機!。そんな飛行機に憧れ続けて夢を捨てきれず、ついに夢をかなえた我々なのですが・・・・・。 なんか見捨てられた気分です。「夢なんて無駄だからいい齢して持つんじゃない!」と。 

  とても残念です。

ともあれ今はまず被災地区の皆さんの無事を祈るばかり。


がんばれ!東北!

| 台風対策 | 18:26 | comments(1) | - |
今年初の台風接近中
今年初の台風接近ですよ。毎度ながら嫌になります。
小型機にとって台風は天敵。被害が出ない事を祈りばかりです。



今回は日本海を北上してますのでたぶん影響は無いと思うのですが、急な進路変更や予期せぬ事態もありえますので朝からFさんとSUNちゃんとで機体を縛ってきました。



今回は暴風は無いと読んでますが、念のため前後左右を縛っておきましょう。機体の向きは南向きに向けました。北半球での低気圧は左回りに回転しますので今回は南風が予想されるからなんですよ。



縛り終えたら燃料も満タンにしておきました。「なんで?」って。風で動かないように機体を少しでも重くしておく為なんですね。



他の機体も同じく縛ってありました。皆さん朝からご苦労様でした。



こちらの機体は何か機材でも積んでるのでしょうか?雨漏り対策にも余念が無いですね。これなら完璧でしょう。

台風・・来るなよ〜〜。

| 台風対策 | 16:02 | comments(4) | - |
今年初の台風接近中
今年も嫌なやつが接近中です。台風13号”シンラコウ(Sinlaku)”。かなりゆっくりとした速度がまた嫌らしい。



速度が遅いと風や高潮の被害が増す恐れが高いんですよ。今は勢力もそこまで強くは無いけど、進路上の海水温度が高いのが気になります。勢力増さなきゃいいけど・・・。

そんなわけで、今年も台風対策です。今回は風も弱く四国の南海を通過すると読んで避難はせず、ホームベースで通過を見守る事にしました。



丁度本日が休暇だったクラブ員のファイヤーさんが縛ってきてくれました。機首が風上を向くようにし、通常のタイダウン(ロープの事ね。)と違い、太くて頑丈な台風用のロープに交換して前後左右から縛りあげます。更にドアの周囲にテープで目張りも施します。室内が水びたしになったのでは悲しいですから。
高潮の心配がある場合には通称”ブーツ”と言って、ビニール等で脚を覆う処理もします。飛行機ってマグネシウム合金を多用してる為、海水には滅茶苦茶弱いんですよ!(知ってました?)

ファイヤーさん、せっかくの休みにありがとうございました!
明日からは雨も降り始めるでしょうが、明日はSG親びんが進路を再確認してロープ等の最終確認に行って下さるそうです。

仲間の熱い協力(手弁当)で成り立ってる熱血漢な飛行機野郎のクラブ・・そこから命名した”ファイヤリーフライヤーズクラブ”です!

・・ってそんな事いいから「台風来るな!」
| 台風対策 | 22:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
ウサギ(台風5号)がくるぞ〜!!!

クラブ員のWarriorIIです。台風5号(ウサギ)が来るので、急遽我等のPiperを大阪の八尾空港に預けて来ました。今回の台風は規模・コースともに非常にヤバイ!との事で野外駐機ではなく、ハンガー(格納庫)にいれて貰うことになりました。

Piper避難させ隊のメンバーは、○キャプテン、コパイの私と、○○さんの3名です。予定では、岡山で交代し2LEGの予定でしたが、岡山の天候が悪い為(Few007 BKN010)ダイレクトで八尾まで行くことにしました。

ルートは、広島西から岡山VOR、名谷、イーストポイント、アサカ、八尾です。エンルートでの予報は、Few020〜030とまずまずです。上がってすぐ、海田辺りで何時もの様に雲が湧いていて視程が下がっています。やっぱり山側は今一のようです。広島空港を過ぎた辺りから、雲も切れなじめたので、5500’へ上昇です。流石にこの高さでは気温も下がって気持ち良いです。山側は相変わらず雲が出ていますが、海岸線はそれほどでもなく快適なフライトです。

広島レーダーから、高松TCAとレーダーモニターを受けながら、順調に飛んできました。しかし、明石の北側で、関西TCAに入る頃から、同高度に雲が出始めていたので4000まで降ります。やっぱり淡路島や六甲山麓の影響でしょうか、、、 更に雲層の下では、視程も落ちています。ここで、○○さんのGPSが威力を発揮しました。ポジションもばっちり分り安心してフライトできます。六甲を左に見ながら飛ぶころには視程も落ち着きました。街に入ると目標物も視認しやすく、ポジションを確認し、高度を下げながら飛びます。面倒な神戸コントロールゾーンやPCAも余裕でかわし、イーストポイントからアサカをかすめ八尾へ向かいます。風は無風、レフトダウンウインドからRWY27へ着陸!!!


フライトタイム1時間35分なり。○キャプテン、○○お疲れ様でした。
| 台風対策 | 19:40 | comments(2) | trackbacks(0) |
台風一過!
クラブ員のSundownerです。

台風4号が過ぎ去って、格納庫に退避していたクラブ機のスポットへの移動&チェックのため飛行場に行ってきました。
10時半ころに飛行場に到着したのですが、既に所長と整備士さんによりスポットに移動されていました。
なんと、6時頃に移動したとのこと。

一息入れてから、外回りのチェックを兼ねて機体の水拭き!さすがに一人でやるとしんどい・・・。WarriorIIさんを待ってればよかったとちょっと後悔。。。 水拭き完了 <水拭き完了!>

昼からは、いつでも飛べるようにとWarriorIIさんとフライト前の試運転を実施。
相変わらず絶好調 !
はやる気持ちを抑えながら風が落ち着くのを事務所で待つものの、いっこうに風は落ち着かず、結局今日のフライトは断念。悲しい

あ〜、今日は視程がすご〜く良かったから、飛んだら気持ち良かっただろうなぁ。。。
宮島がくっきり! <宮島がくっきり!>
大島も見えてます <大島もみえてます>
| 台風対策 | 18:28 | comments(1) | trackbacks(0) |
今年初の台風接近中

<<現在の予想進路>>


<<過去の高潮被害>>


SUNちゃんです。今年も台風の季節が近づいてくるなぁ・・と思っていたら、いきなり来てるじゃないですか!台風4号です。中心気圧955hp、中心付近の最大風速40m。そこそこのサイズです。本州に鎮座する梅雨前線の関係もあり明後日あたりから東寄りにコースを変えるような気もしますが、こればかりはなんとも。。

台風は小型飛行機には天敵です。強風で機体がひっくりかえる事もあるし、海に近い空港だと塩害や高潮の心配もあります。その為、毎度毎度「どこかへ避難するか?」「縛ってやり過ごすか?」の判断を迫られるんです。

今回は”縛ってやり過ごす”手段を選択しました。

<<縛るとはこう言う事!>>

でも・・お願いだから来ないで!
| 台風対策 | 20:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |